2007年01月20日

むずかしい問題

070120.jpg

トントン、昨年病院で見ていただいた時に停留睾丸の状態で、1才をすぎたら去勢手術の
予定だったんですが。

最近、オットから

「トントン、片方もちゃんとおりてきてるよ!」

との報告が。

停留睾丸の病気の危険性について聞いて去勢に関しても納得していた所があったので、

「もし正常ならやっぱりトンの子供が欲しい。去勢はそれからじゃダメなの?」

と言い出しました。

この10ヶ月一緒に生活して愛情が深まった分、今回オットはかなり真剣。
私はもし停留睾丸ではなくてもやはり去勢をしようと思っていたので、ここの
所色々この問題について話し合ってるのですが、平行線状態です。

オットはトンが一緒に暮らすはじめてのワンコで、可愛くて仕方がないのは
よくわかるので、「子供が欲しい」という気持ちもわかるのですが…。

とりあえず病院で一度ちゃんと見てもらう事に。
院長先生に見てもらったらやっぱりお腹の中にあった片方、ちゃんと降りてきてました。
嬉しい反面、複雑な心境。
(トンは久々に先生に会って嬉しかったのかすごくよだれがでてしまって、先生と診察台が
よだれまみれに…顔(なに〜)申し訳なかったあせあせ(飛び散る汗)

先生にこの件についても相談してみました。

出産の母体にかかるリスクや、普通の家庭犬が子供を作る事のむずかしさ、産まれた子
への責任…先生に不安に思ってる事を聞いてもらってアドバイスももらって、とりあえず
去勢は3才ぐらいまでまって時間かけてオットと話し合って見る事に。

「オスはやり得(ストレートな言い方でスミマセン)なだけだから。
他のうちの子に「自分のうちの子産んでください。」っていうのはムシがよすぎる話。
(当然ですよね、出産のリスクトンにはないんだもの)
だからうちからは紹介はしません。
もし子供を真剣に欲しいと思うなら1番いいのははやいうちにトンのお嫁さんを迎える事。
ただ、トントンが見初められて「ぜひうちの子の婿に!」って飼い主さんがいたらそれは
いいんじゃないかな?」

と院長先生。
トンを見初めてくれる飼い主さん…そんな都合のいいお話はないよな〜顔(汗)
オットの溺愛ぶりにウケてました(笑)

とりあえず、今日先生と話した事、オットにも伝えてまた話し合ってみようと思います。

もしお嫁さんを迎えて子供ができて…きっとそれはそれで楽しいとは思うけれど、
私はそれだったらトンにたくさん時間と愛情かけてあげたいなと思っちゃうんですよね。

ニックネーム kita at 18:17| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
むずかしい問題ですね。
うちの場合は雌だったからモロお産のリスクかぶっちゃうから。
でも一時は姫の子もほしかったんですよ。
ただこれだけ甘えっ子に育てて勝手に子供作らせて大変なお産と子育てさせること考えたらかわいそうでやっぱりこの子だけ「かわいい、かわいい」で育てて行こうと思いました。

子供産んでも甘えっ子の子もいるけどね。
Posted by エコ at 2007年01月20日 18:46
トンちゃん、睾丸が中に入ったままだったんですね。
降りてきて良かったけど・・・。オットさん、ベビーちゃんが欲しくなってしまったのね。
その気持ち、解ります。だって私もほしかった・・・。
手術してしまうと子孫は残せないので、時間をかけてお互いが納得できるように話をして下さいね〜。

Posted by ちろま at 2007年01月20日 19:50
トントンちゃん停留睾丸だったのね、降りてきてよかったわ〜
ご主人は赤ちゃんが欲しくなっちゃったのね、
お相手のワンちゃんのお宅もちゃんとした
ブリーダーさんだったら心配ないと思うけど。。。
我家の場合は、赤ちゃんが生まれちゃうと
皆狆、手放したくなくなっちゃうから、
交配はしないことに決めているんですよ〜
って言うか、襲われると危険なので女の子だけ、
避妊手術しようと思ってます〜

Posted by ぷー太ママ at 2007年01月21日 00:30
 子供を作りたいというご主人の気持ちはよく分かりますが、狆は普通、1回の出産で3〜4匹の赤ちゃんを産みます。全員の面倒を見る気があるのか、それとも手元に1匹残して、他の子は有償か無償で他人に譲るのかが問題でしょうね。また、その場合は、最悪引き取り手が現れないケースも考える必要があります。
 トントン君も、生まれてくる子どもも、全て生あるものです。ご夫婦でよく考えて、結論を出していただければと思います。
Posted by もんパパ at 2007年01月21日 00:49
おはよう御座います〜^^
トントンちゃん、停滞睾丸だったんですね、でも無事降りてきて良かったですね。
(我が家は昨日から2狆なのですが、その子は停滞睾丸です^^;)
確かに自分の可愛いトントンちゃんの子狆みたい!って気持ちわかります。
私もはじめは女の子を迎えて。。。な〜んて思ったりしたけど、
最後までちゃんと家族全員で面倒見れるかとか考えたらやっぱり無理でした。
お父さんが大反対だったし。
でも、2年以上時間はあるし、ゆっくり考えてもいいですね。

って、何かいてるのかよくわからない文章になっちゃいました、すいませんっ。

今日逢えますね!
楽しみです☆
Posted by ふみこ at 2007年01月21日 07:05
>エコさん
そうですよね、姫ちゃんは女の子だからやっぱりリスクの方考えちゃいますよね。
うちもトンがもし女の子だったら私猛反対だったと思います。(心配で)
オットも昨日病院で聞いた話をしたら色々考えた様子。
どうなるかまだわかりませんが、もう少し時間かけて
話し合おうと思ってます。

>ちろまさん
ほんとに一度手術をしてしまったらもう戻る事はできないので、
トンの事を考えて時間かけて決めようと思います。

>ぷー太ママさん
ほんと、もしうちでお嫁さんを迎えて赤ちゃんできたら、
産まれた子はきっと可愛くて手放せなくなりそうな気がします^^;
トントン、停留睾丸じゃなくなって嬉しい反面、選択肢が
増えてしまって悩みますね…。

>もんパパさん
昨日病院で聞いた話を伝えた所、オットも色々考えたようです。
オットの小さい頃、近所で犬を飼ってるお家が結構あって、よく子供が
産まれていたようで、出産がそんなに大変だと思っていなかったそうです。
とりあえず、もう少し時間かけて結論だそうと思います。
アドバイスありがとうございました。

>ふみこさん
今日は、松さん&涼ちゃんの美狆兄弟にお会いできてほんと
嬉しかったです〜!
停留睾丸、トンも5ヶ月ぐらいの時に見てもらっれ1才前に下りて
きたので、涼風君もまだわかりませんよ〜。
ふみこさんちはお父さんが反対だったのですね〜。
トンの子供の事は別として、今日松さん&涼風君見てて多頭飼い
楽しそうだな〜とうらやましくなっちゃいました!
ブログ、楽しみにしてますね♪
Posted by kita at 2007年01月21日 23:01
琴も以前いたシロも去勢していません。
麻酔かけて手術っていうのに不安があるので・・・
琴の飼い主も「琴の赤ちゃんを!」とずっと願ってましたが
狆には難産が多く、小さい琴が出産することの不安と
おむこさんがいなかったことで、あきらめました。
(もうすぐ6歳になるので)
琴をいただいた家が、狆の出産を何度もされていますが
男の子も掛け合わせの時に、預けた先で興奮したりして
目をぶつけて失明っていうこともあったそうです。
いろんな問題があるので、ゆっくりじっくり考えてくださいね。
Posted by 琴の腰元 at 2007年01月22日 10:49
うちは、まだ去勢していません。睾丸も普通で異常ありません・・
子供も望んでいません・・
前立腺の病気のリスク回避の為に手術を勧められましたが、
決心がつきません・・
自然に任せて、前立腺の病気が出たら
その時に考えようかなぁ〜なんて考えて今に至ってます。
健康体にメスを入れるのは・・う〜んイマイチ気が進まず考えてしまっているんです〜ふらふら
Posted by くるみママ at 2007年01月22日 13:37
お久し振りです。

私ものんちゃん(ポメ)を飼いだした当初は赤ちゃんが欲しいと思ってました。
繁殖について色々調べていくうちに、繁殖するならまず台雌・種雄を求めることからしなければいけない。本当に繁殖を考えているならブリーダーさんの下で修行を積まなくてはならないという結論に達し、繁殖は諦めました。
フツーに売られてる子犬は繁殖向きではないんですよね。
Posted by 麻美 at 2007年01月22日 20:16
>琴の腰元さん
掛け合わせの時に興奮して失明…怖いですね。
先生にも言われたのですがやっぱり普通の家庭犬はなかなかうまく出来ないそうです。
琴ちゃんも子供望まれていたんですね。
姫ちゃんや琴ちゃん、女の子側の飼い主さんのお話聞けてほんとによかったです。
ありがとうございました。

>くるみママさん
去勢に関してはほんと飼い主さんの考え方も様々でむずかしい問題ですよね。
トンもヒート中の子に激しく反応してしまうとか気性が荒いという事もないので停留睾丸じゃなくなった今、ほんとに去勢する必要があるのか考えてしまいます。
病気予防にはもちろんなると思いますが…。

>麻美さん
お久しぶりです。
ほんとに真剣に子供が欲しいと思うなら、やっぱりブリーダーさんにお願いするのが1番確実なのでしょうね。
オットも小型犬の出産の難しさを聞いて
「そんなに大変ならあきらめるしかないかな…。」
という感じになってきました。
私の場合、もし2匹飼うのなら里親募集をしている子を家に迎えたいなと思ってしまうんですよね。
Posted by kita at 2007年01月23日 10:13
トンチャンとってもかわいかったデス♪
でもそんな難しい問題に直面してたなんて!!
ん〜デリケートな問題だから、なんとも言えませんが〜ゆかぴぃさん一家みたいになっちゃぅ!?
ぷるはねぇーもう膝もガクガクグレード4だったし股関節もない状態で、
結構先天性のいっぱい抱えてたし、ヘコヘコも足に良くないし
去勢した方が長生きするってコトで去勢しちゃったケド。。。
結構、「もうこの子の子供は絶対にとれなくなっちゃいますけどいいですね?」って
当時の病院の先生に言われた時と、術後の傷見てずぅ〜んっとしちゃいました。
トントンチャンは自分で決めれないからゆっくり時間をかけてですね♪
でも良かったねぇ〜タマ降りてきてぇ〜!
今はそのことを喜ぼう〜♪
Posted by sato at 2007年01月24日 10:39
>satoさん
トン、嬉しそうに誘拐されてましたね(笑)
去勢と子供の問題、ほんと悩みます…。
satoさんの言う通り、今はタマが降りてきた(笑)のを素直に喜ぼうと思います^^

ぷる君、ほんとに大変だったのですね…。
私もsatoさんと同じ立場だったら迷わず去勢してたと思います。
Posted by kita at 2007年01月24日 12:35
こんにちは。
わたしのポンタン ペキニーズも停留睾丸
で今悩んでいます。

http://www.nomata-inuneko.com/archives/001297.php
のまた犬猫病院の院長のこのブログを見て
『みなとよこはま動物病院』に行ってみようと思いました。
去勢手術ではなく この手術では陰嚢(ふくろ)のなかに途中まで降りてきている睾丸を納めてあげる手術なのです。
だそうです。
一度 検討してみては。。
わたしは 診察に行ってみるつもりです。
お互い がんばりましょう
Posted by ぽん at 2007年07月04日 03:28
>ぽんさん
はじめまして。情報、ありがとうございます〜。
トンの場合、幸い両方とも降りてきたんですが色々考えて7/16に
去勢する事になりました。
ポンタンちゃんも手術、無事に成功しますように。
Posted by kita at 2007年07月05日 18:21
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/688702
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック