2006年10月10日

イヌリンピック2006(その1)

3連休最終日の月曜日。
今日も朝から秋晴れのいいお天気。

「3連休、家にこもりっきりもったいないなぁ…。」

とパソコン立ち上げてサイト巡りしてたんですが、もんママさんがイヌリンピックに
行った日記を読んで

「トン連れて電車で行ってみようかな?」

と思ってしまったらもーいてもたってもいられなくなって(笑)急遽お出かけ決定。

もちろん前の日まで全然でかける予定ではなかったのでオットはまだ夢の中…眠い(睡眠)
とりあえず突然思い立った事だし、仕事で疲れてるから寝かせといてあげようと

「八景島シーパラダイスにトン連れて電車で行ってくるよー。」

と、言ったらオット、飛び起きました(笑)
遠すぎるからトンと私だけで行かせるの心配だと言い出して急遽、トンを連れて初めての
遠出ドライブと相成りました。
(オット、私が実はかなりおっちょこちょいだとよーく知ってるので顔(汗)

心配していた高速の渋滞もなく、予想よりも大分はやく会場に到着。
さすがにシーパラダイスは混んでいて全ての駐車場が満車になる直前に滑り込みで
入れました。タイミングよかった!

会場までの道からもう犬連れの方がたくさん。
トンは初めての場所だとなかなか歩いてくれないので、途中チョコチョコ抱っこしながら
シーパラダイスに入りました。

20061010_1.jpg

この時はまだ初めての場所でちょっと緊張しつつも楽しそうだったね…。
(「パトロール中」のTシャツはなかなかウケがよかったです・笑)

まずはフリーマーケットのあたりをぶらぶら。
apricoさんというお店でかわいいリンゴ柄のキャミソールがsaleになっていたので購入。
1000円でした!

20061010_2.jpg

試着せずに買ったのですがサイズもピッタリでよかった顔(笑)

フリーマーケットを後にしていよいよ会場へ。
さすがにスポーツイベントだけあって運動神経抜群そうなワン達がいっぱい!
大型犬もいっぱいで競技は見ごたえありました。
ドッグランにも行ってみたのですが、この時は長蛇の列でまた後で来る事に。

今回一緒に来てくれたオットにどうしても見てもらいたかった児玉小枝さんの
「動物たちへのレクイエム」パネル展を見に行きました。

実は短大の卒業制作のテーマに選んだのが「動物愛護」でした。
ちょうどコロをご近所からいただいてきた事もあって自然とそのテーマになりました。

その時に保健所の見学にも行きました。
扉が開いた瞬間、檻の中の成犬達、一斉に目を輝かせてこちらを見ました。
飼い主さんが迎えにきたんだと思って。
私の姿を見て飼い主さんではないとわかった途端すーっと目の輝きが消えました。
それとは対照的にうちのコロと同じぐらいの子犬達は遊んで欲しくてケージの前で
しっぽをちぎれんばかりに振って吠えていました。
それまでに地元の愛護団体の方に話を聞きに行ったりして覚悟はしていたのですが、
助けてあげられない申し訳なさと期待させてしまった後悔で涙がとまりませんでした。

もう10年以上前の事なのですが、パネル展の写真の犬達の顔が思い出の中の犬達の
顔と重なりました。
ペットブームで逆に不幸な犬や猫が急増しているというのが悲しい現実です。
保健所の写真の横にあった幸せそうな飼い主さんと犬の写真を見て1匹でも多くの子が
この写真の犬のように幸せになれるようにと願いました。

そして広島ドックパークの犬達の写真…。
お隣では子供連れのお母さんがファイルを見せながら子供達にゆっくり説明していました。
うちのオットにも見てもらったのですが、すぐにトンと一緒に離れていってしまいました。
後できくとかわいそうで直視できなかったとの事。
オットは元々犬が苦手でトンとグリの事以外、まだまだ無関心という感じなのですが、
こういう形で少しづつでも犬達をとりまく環境について理解していってくれたらいいなぁ
と思っています。

そのパネル展の会場の裏手に3匹の狆を発見!
今回のパネル展を企画されたぐーぐーさんの愛犬、ぐー君とあいこちゃん、
そしてむしゃ子ちゃんでした。
(空ママさんのページ「ぷっな陸」の近況報告写真館で3狆ちゃん達、見られます。)
ぐーくんとあいこちゃんには早速トンも鼻挨拶させてもらいました。
会場のアウトドア派な犬達とは対照的に見事な落ちつきっぷり(笑)
1番後ろにいた「むしゃ子ちゃん」とは後で再会する事になります。

会場ぐるっとまわってドックランの様子を見に行くとさっきよりは空いてる感じ。
そのまま並ぶ事に。
トントン初めてのドックランだったのですが、ホロ苦いデビューと相成りました…。

イヌリンピック2006(その2)へ続く!

今日もポチっとよろしくお願いしまーす。

banner_03.gif


ニックネーム kita at 15:43| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする