2006年10月02日

犬のしつけ方教室

区が主催の犬のしつけ方教室に同居人・Nさんと参加してきました。
場所は動物専門学校。
午後1時30分〜4時30分までの3時間。あっという間でした。
ほんとに行ってよかった!
1年に1回と言わず、何回か定期的に開いたらもっと飼い主さんのマナーも
向上するんじゃないかな〜。

参加を進めてくださったM病院の院長先生もいらっしゃってました。
いつもの診察服と違って今日はシックなスーツ姿。
かっこよかったです!(笑)

講師はNHKの「犬は大事なパートナー」の講師もされている藤井 聡先生。
まず教室でスライドを見ながらの講義でした。

犬の歴史からしつけ、飼い主のあり方、愛護法まで広範囲の話題をテンポよく解説して
くださってわかりやすくてとても面白かったです。

毎日一緒に暮らしてるのに犬の習性について自分があまりにも無知だった事に愕然顔(え〜ん)

例えば…

講義の最初に先生からずばっと言われた

「飼い主のとるべきリーダー的な行動」

・犬に話しかけない
・犬を見つめない

…この2つ、できていない飼い主さんの方が圧倒的に多いかと。
(うちも完全にアウト)
これを忠実に守ると犬に対してかなりそっけない態度になってしまうのですが、
人間サイドではなく犬の目線でみると…

・たくさんしゃべる
まさに「弱い犬ほどよく吠える」という言葉通り。
話せば話すほど犬にとっては「コイツ弱いなぁ。」と思われてしまうらしいです。

・見つめる
これは犬の群れでは地位の低い犬が自分より強い犬に対してとる行動との事。
なので見つめる事が多いと犬が「自分の方が上」と勘違いしてしまう事が。

一緒に暮らしてるとつい人間と同一視してしまう事があるのですが、犬の方は犬の方で
家族を群れとしてみて常に「自分より上か下か」という見方してるんですよね。
しつけの問題は大部分がその犬と人間の認識のずれが原因なんじゃないかなぁ。

しつけに関しては人それぞれあると思いますが、犬は順応性がとても高い動物で、きちんと
人間がリーダーとして犬をコントロールできれば12才の子供でも90才のご老人でも何の
問題もなく暮らす事ができる事が今回の講義でわかりました。

講義の後は場所をうつしてモデル犬によるリーダーウォークと服従訓練、しつけの実演が
ありました。
さすがに皆すごく優秀!ぴったりハンドラーさんの側について歩きます。
やっぱりリーダーウォークきちんと出来るといいなぁ。

その後ご近所に住む参加者の方が愛犬と一緒に実際にリーダーウォークに挑戦する事に。
最初はさすがにモデル犬達のようにはいかず…。
その後先生の指導で好き勝手に動いて落ち着きがなかった犬達が短時間で落ち着いて
モデル犬と同じようにだんだん歩けるようになっていったのにはほんとに感動しました。

今回はほんと段々トンとの暮らしに慣れてなぁなぁになっていた部分を見直すいいきっかけ
になりました。

とりあえず今後は以下の2点を頑張ろうと思います。
(皆さんの参考になるように理由も書いておきます。)

1お散歩は今まで通り不定期に。(習慣にしない事!)
マーキングポイントには徹底的に近づかせない。
散歩と排泄はわける。

【理由】
犬はお散歩に行けないの嫌なわけではなく、習慣になってしまった事を変えられる
という事にストレスを感じるそうです。
マーキングに関しては私が中途半端なしつけをしてしまっている為、今後はきちんと
リーダーウォークできるようにしようと思います。


2お留守番の時と帰ってきた時は声をかけない。
 (トンにたいした事ではないと思わせる為)
 
【理由】
犬は群れて行動する動物なのでやっぱり一人は苦手なんだそうです。
声かけする事は「これから一人になるぞ!」と犬に宣言するような物で、犬がどんどん
外出に対して神経質になるとの事。
これ、トントンに関してはドンピシャで、昔は大丈夫だったのに最近はかなり出かける
前なくようになってしまいました、反省。


今度はトンと一緒に参加できるしつけ教室行ってみたいな。

20061002.jpg

写真は全然内容と関係ない(笑)お風呂中のトントン。
ほんと犬には見えないなー。ムーミン谷とかにいそう!
友達には「手がかわいい!」と言われました。確かに(笑)

家に帰ってから早速グリとトントンに服従訓練やってみたのですが、面白い結果が。
それはまた後日書こうと思いまーす。

今日もぽちっとよろしくです♪

banner_03.gif

ニックネーム kita at 02:53| Comment(10) | TrackBack(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする