2006年06月07日

トイレ…3歩進んで2歩さがる

室内でケージで犬を飼うのは初めてで、きちんとしつけをする為にネットや本を色々見ている
のですが、ただいま悩んでいるのはトイレと噛み噛み。

トイレ、悩んでいるといってもこの月齢の子犬にしてはかなりきちんとできている方だと思います。
結構キレイ好きな方なのかな?

まずケージの外での失敗がほとんどありません。
きちんと遊んでる最中に中に戻ってトイレシーツにしてくれます。
ウンチをした後、遊んだり踏んづけたりせずにきちんと置いてあるのも片付ける方の身として
はかなりありがたい!
その度にほんといい子だなぁと思うのですが(親バカ)何が問題かというとケージ内のおしっこ…。

これがきちんと完璧にできてるかと思えば、連続でベッドの方にしてしまったり、日によって
ランダムなのです…もうやだ〜(悲しい顔)

原因はトントンがいたペットショップの環境じゃないかなぁと思ってます。
そこのペットショップではトイレシーツを使っていなくて細かくきった新聞紙をケージ内に
しきつめている状態でした。
なので、トイレシーツをきちんと使いだしたのは多分うちに来てからだと思うのですが、
トントンはトイレとベッドの区別つけない状態が普通みたいで、ペットシーツの上で寝ている事
もしばしば顔(汗)

トイレの失敗にはパターンがあって、ベッド用のタオルを洗濯した直後に失敗が多くなります。
なので、もしかしたらニオイがついていないと不安でマーキングしているのかなぁと思っている
のですが、真相はまだわからず。
相変わらず3歩進んで2歩さがるな日々が続いています。

ほぼきちんと出来ているので、ついつい

「早く完璧にしなきゃ。」

と急ぎすぎてしまうのですが、その度に

「いやいやまだ3ヶ月なんだからゆっくりゆっくり」

と自分にいい聞かせるようにしています。

もう少し大きくなればきっとちゃんとベッドとトイレの意味をきちんと理解できる子だと思うので。

しつけの基本、

「きちんとできたら誉めちぎる」

ももちろん実行してるのですが、トントンの方はまだあまり理解してないかも…顔(汗)
それでも今のうちからいっぱい誉めてあげようと思ってます顔(笑)

20060607.jpg

こんなにトントンの事で色々考えてるのに、本犬いたってマイペース。
うちに来て3日でこのリラックスぶり…(笑)

ニックネーム kita at 23:44| Comment(10) | TrackBack(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする