2006年06月09日

おとさん待ち

20060609.jpg

オットは仕事が忙しく夜もかなり遅く帰ってくるので、あまりトントンと遊べない状況
なのですが、トントンの方はかなりオットの事が好きらしい。

オットが起きる気配や下の階の洗面所で行く準備してるとピタッと動きがとまって

「おとさん(お父さん)くる?くる?」

という感じで自然とおすわりの姿勢でしばし待ちます。
(当然まだおすわりは教えてません。)
じーっと動かずに階段の方を見てる後ろ姿はほんといじらしくてカワイイのです。

ニックネーム kita at 22:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

トイレ…3歩進んで2歩さがる

室内でケージで犬を飼うのは初めてで、きちんとしつけをする為にネットや本を色々見ている
のですが、ただいま悩んでいるのはトイレと噛み噛み。

トイレ、悩んでいるといってもこの月齢の子犬にしてはかなりきちんとできている方だと思います。
結構キレイ好きな方なのかな?

まずケージの外での失敗がほとんどありません。
きちんと遊んでる最中に中に戻ってトイレシーツにしてくれます。
ウンチをした後、遊んだり踏んづけたりせずにきちんと置いてあるのも片付ける方の身として
はかなりありがたい!
その度にほんといい子だなぁと思うのですが(親バカ)何が問題かというとケージ内のおしっこ…。

これがきちんと完璧にできてるかと思えば、連続でベッドの方にしてしまったり、日によって
ランダムなのです…もうやだ〜(悲しい顔)

原因はトントンがいたペットショップの環境じゃないかなぁと思ってます。
そこのペットショップではトイレシーツを使っていなくて細かくきった新聞紙をケージ内に
しきつめている状態でした。
なので、トイレシーツをきちんと使いだしたのは多分うちに来てからだと思うのですが、
トントンはトイレとベッドの区別つけない状態が普通みたいで、ペットシーツの上で寝ている事
もしばしば顔(汗)

トイレの失敗にはパターンがあって、ベッド用のタオルを洗濯した直後に失敗が多くなります。
なので、もしかしたらニオイがついていないと不安でマーキングしているのかなぁと思っている
のですが、真相はまだわからず。
相変わらず3歩進んで2歩さがるな日々が続いています。

ほぼきちんと出来ているので、ついつい

「早く完璧にしなきゃ。」

と急ぎすぎてしまうのですが、その度に

「いやいやまだ3ヶ月なんだからゆっくりゆっくり」

と自分にいい聞かせるようにしています。

もう少し大きくなればきっとちゃんとベッドとトイレの意味をきちんと理解できる子だと思うので。

しつけの基本、

「きちんとできたら誉めちぎる」

ももちろん実行してるのですが、トントンの方はまだあまり理解してないかも…顔(汗)
それでも今のうちからいっぱい誉めてあげようと思ってます顔(笑)

20060607.jpg

こんなにトントンの事で色々考えてるのに、本犬いたってマイペース。
うちに来て3日でこのリラックスぶり…(笑)

ニックネーム kita at 23:44| Comment(10) | TrackBack(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

何語…?(笑)

狆は「なかない、大人しい」とよく聞きますが、うちはかなりおしゃべりな方かも。
なくというよりは何かしゃべってる感じです(笑)
今日は同居人のTさんが実家から帰ってきて、会うのが2日ぶりぐらいだったので、
よくおしゃべりしてました。
一応ちょっとだけ動画撮ってみました。
他のうちの子もこんな風にしゃべるのかなぁ。
ちなみに不平不満がある時ほどよくしゃべります(笑)


ニックネーム kita at 00:21| Comment(7) | TrackBack(0) | TONコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

名前の由来

実は出会った初日のペットショップから帰り道に、すでに名前つけてました顔(イヒヒ)

オットが急に

「もし名前つけるとしたら何にする?」

と振ってきたので思わず

「ト…トントン」

と答えてしまってた時に頭の中に浮かんでいたのはこれ

20060604_1.jpg

ほんと手足の短さといい耳の大きさといいソックリ(笑)
で、ちっちゃい頃から頭にあったパンダの名前がぽろっと口から。

オットが

「トントン…いいじゃん(笑)」

と気に入ったので、実は我が家に来る前からずーっとトントンと呼ばれてました。
名前つけちゃった時点ですでにうちに来る運命だったのかなぁと今では思ってます。

で、この間会社でご対面。

20060604_2.jpg

ちょうどオットの手の中でまったりしてた時で、背中にのっけてもまったくどうじず(笑)
このパンダの時から手も足も耳もしっぽも大分のびてどんどん子犬らしくなってきました。
ニックネーム kita at 17:41| Comment(5) | TrackBack(0) | TONコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

はじめての病院

今日は健康診断をしてもらいに近くの動物病院に行ってきました。
いつも通りかかると待合室は診察待ちの飼い主さんとペット達でいっぱいという状況で、
今日ももちろん混んでました。
(平日の昼間だからいつもよりはすいてたかな?)
待合室は犬猫大好きな方々でいっぱいなので、トントンがお出かけバックからぴょこっと
顔だした途端に注目のまとになってしまいました。
皆さん狆の子犬を見るのは初めてのようで

「へぇ〜狆って結構カワイイのねぇ。」
「お目目おっきいのねぇ。」

と興味津々(笑)
トントンは人なつっこい方なのでいたってマイペースでしっぽをピコピコ、ベロだし顔で愛想
振りまいてました。あんまり長時間だとトントンちょっとつらいかなぁと家に一度帰ろうかどう
か考えだした時にちょうど診察の番がまわってきました。

診察台の上にのったらまず先生の所によちよちと近寄ってご挨拶(笑)

「この子は人なつっこいねぇ〜。」

と先生。
犬の性格は3ヶ月ぐらいでもうだいたいわかるそうで、今のおおらかな性格で育ってくれれば
いいなぁと思っていたので先生にそう言ってもらってすごく嬉しかったです。
ワクチンの話やフィラリアのお薬の話など、わかりやすく丁寧に説明してもらって待合室が
いつもいっぱいなのも納得のいい先生でした。

話を聞いている間、トントン、診察台がひんやりして気持ちよかったのかウトウト状態に…(笑)
先生に

「ここはほんとはコワイ所なんだよ〜。」

と起こされてました(笑)

健康診断は心音と耳は特に問題なしで、便だけ念の為何度か持っていって検査していただく
事になりました。
体重も半月前のワクチン接種の時の680gからほぼ2倍の1.16kgに。
うーん、この調子だと巨大狆になるのかしら(笑)
今の食べっぷりだと1年後「狆…ですか?」って言われそうな気が顔(汗)

後、先生に聞いてすごく心強かったのが
「うち、結構狆の患者さんいますよ。」
というお言葉。
7、8匹いるそうで、患者さん同士で待合室で意気投合して一緒に公園行ったりしてるみたい
だよ〜との事でした。
いつか待合室で会えるかな?
この先の楽しみが増えました顔(笑)

20060602.jpg

トンちゃん、今日はお疲れ様。
イイコにしてくれててほんと助かったよ。

ニックネーム kita at 16:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする